blog ブログ

期間限定特典や季節に応じたプランなど、おトク情報がいっぱい!
ぜひKOWAのキャンペーン情報をご活用ください。

※左のボックスから見たいカテゴリーを選択できます

<ウェディング>一番緊張する撮影<ロケ>

カメラマン 近藤

 

こんにちは、カメラマン近藤です。

 

カメラマンとして何年だ?8年か?2010年入社だから大体それくらいです。

これまでありとあらゆる撮影をこなして来ましたが、

ウェディングフォトの和装ロケーション撮影の前夜は毎回眠れません。

ベッドに寝て、”最初はあそこで撮って~、次はあそこでこのポーズして~”なんて

考えてると、ギンギンに目がさえてくる。

どんな撮影も緊張するタイプですが、和装ロケは本当に本当に別格。想像しただけで軽く吐ける。

 

まぁでも、最高に楽しいのも和装ロケだったりする。

被写体が二人というのは、難しさもありつつ表現の幅は広がりますので、

カメラマンとしては作品を表現出来る最高の舞台なのです。エキサイトしないわけがない。

 

というわけで、ウェディングの和装ロケーションの写真をご紹介させていただきます。

場所はりリトル京都こと”平成庭園です。”

主役はこのお2人。

 

ご新婦様は成人式もKOWAをご利用いただいているとのことで、

平井トークで盛り上がりました。平井の地価が上がっているという、ナイスな情報もゲット。

 

ロケ写真が中心になっちゃうので、スタジオのお写真も先にご紹介。

白無垢+角隠し。めちゃキレイ。

普段は使わない真っ赤なブーケが最高に効いている。

 

今回のベストショットはこれです。というか、ボクの歴代ベストショットにも入りそうなクオリティ。

白無垢の刺繍の出方が最高に綺麗。鼻筋のハイライトとかめちゃこだわりました。

 

はい、ロケ写真に戻ります。まずは竹林で相合傘。

 

ロケ写真の特徴は、ダイナミックさ。

どうしてもお2人に近寄ってしまいますが、時にはロケーションファーストで撮ったりします。

 

寄る時は大胆によって、大胆に切り取りましょう。

そしたらこんなに素敵に撮れます。

 

撮影は10月上旬ですが、少し色づいておりました。

そうそう、平井の美味しいラーメン屋を教えてもらいました。

まる政ラーメンってとこ。今度行ってみよ~。

橋の上で元気よくやぁ~!!!

こうやって見ると、色々な花が咲いてますね。

 

ここからは特別編。今回は源心庵を使わせていただきました。

※事前予約必須。

平成庭園自体は人気のロケ地なので、普段から予約が取りづらいのですが、

プラス源心庵ともなると難易度は倍増です。お2人は超ラッキー!

 

池の下には特大の鯉が泳いでおります。

源心庵の方は皆様いい人で、冷房をつけてくれたりとっても協力的。

ちなみに、センスはご持参されたモノです。

 

ご新婦様のソロパートもいくつか。

後姿もこれまたキレイですね。

 

イメージショット。

 

もちろん中からも撮れます。

 

曇天だと、光が柔らかくなります。

その柔らかい光が障子で反射してお2人に当たってもいるので、

さらに優しく柔らかい光になります。たぶん。

 

ご新婦様の表情と、照れたご新郎様の表情がめちゃめちゃいい。大好きな写真です。

 

最後は定番の正座です。このあとお辞儀もしました。

 

最後はスタジオに戻ります。シャイなご新郎様ですが、

ディープなメタルファン(音楽のジャンル)とのこと。

海外旅行の話になったとき、北欧行きたいと言っておりましたが、

なぜなら北欧はメタルが人気だからです。

最後はメタルらしく締めました。これも最高!アイアン・メイデン!

 

ふぅ。超絶大変だったけど、楽しかった。

 

実はコロナ以降ウェディングフォトが増えております。

式はやめて(縮小して)、写真だけでもという方が増えているのかもしれません。

もしかしたら、現在進行形でお悩みの方も多いと存じますので、

撮影に関する事は、何でもご相談いただけると幸いです。

 

お2人とも、どうもお疲れ様でした!