blog ブログ

KOWAスタッフが旬なスタジオの情報を発信♪
現場の雰囲気やリアルな撮影風景など、ぜひ覗いてみてください。

<還暦>溢れ出るダンディズム<記念日>

こんにちは、カメラマン近藤です。

 

今日のテーマはダンディズム。

先日誕生日を迎え35歳になろうとも、残念ながらダンディーさの欠片もない。

 

試しに、

無精髭を伸ばし、風呂上りにバスローブを羽織って、特大のワイングラスをフリフリ回してみたものの何かが違う。

キューバ産の葉巻を手にしても、どこかズレてる気がする。

別にナベツネさん(読売新聞のオーナー)を目指しているわけでもない。

 

今回の撮影でわかりました。

ダンディズムは、自然と溢れ出るようです。

目指して獲得できる代物ではない。

言葉だと伝わらないので、写真をどうぞ。

 

主役は還暦の撮影をされたこちらのお客様。

し、渋いぜ・・・。

記念日の撮影に黒い背景は勇気がいりますが、大正解でしたね。

 

ベストショット!

ポージングも表情も最高!

私服を数着お持ちいただいたので、パターンを変えながら撮影しました。

 

シンプルにぐっと前を見つめるだけでも、絵になる。

 

ちなみに、お孫さんは同じ日に成人式(真ん中のお嬢様)の前撮りをしております。

とても楽しかったので、ブログでも掲載させていただきました。

<成人式>子育てで一番大変だったこと<アラシック>

 

ブログタイトルでわかるように、アラシックです。

ちなみに嵐ファンのことです。

 

 

ジャケットバージョン。

重ねた年月が生み出す落ち着きとでもいいますか。

ダンディズムとはこういうことです。

俳優さんみたいっすね。

 

カッコいい人はモノクロにすると、更にカッコよくなります。

もうね、撮影が楽しくて楽しくて仕方がない。

ボクとアシに入った増川カメラマンとキャーキャー言いながら撮影しましたw

 

別件ですけども、今回のブログを書くに当たってダンディーについて調べていたところ、

イギリス(スコットランド)にとんでもないサッカーチームを発見。

その名も、ダンディーユナイテッド。

渋めのサッカーをしそうですが、更に調べると、ダンディーという地名でした。

 

幾つになっても朗らかに笑っていたい。

 

これもかっけぇ・・・。生き様を如何に撮るか、という事しか頭にない

 

全身写真も撮りました。スタイルも抜群です。

 

というわけで、お写真の紹介は以上です。

 

男性諸君、わかりましたでしょうか。

ダンディズムを身に纏うためには、まずは素敵な大人になりましょう。

 

楽しい撮影をありがとうございました!

また皆様で遊びに来て下さいね♪